小田急60000形 MSE

■小田急60000形 基礎データ

 

日本初の地下鉄直通運用を行う観光特急車両として2008年に登場。愛称の"MSE"は"Multi Super Express"つまりは

「多彩な場面で使用出来る(公式:多彩な運行が可能な)特急形車両」の頭文字三文字を取った物。

地下鉄直通車両という事で「暗い場所でも車体が映える色」と「貫通路部分のデザインに見劣りが出ない」ように

研究を積み重ね、結果的に三次元曲面の前面にフェルメールブルーの車体といままでの小田急には無い特急車に

仕上がりに。

 

2015年度までに6両編成/4両編成のバリエーションで製造され、東京メトロ千代田線直通の"メトロ"を冠する特急、

小田急線内で完結する特急運用、JR御殿場線に直通運転する"あさぎり"など"MSE"の名に恥じない活躍を見る事が

出来ます。

Side Menu

移転前ブログ:約633000人