ヨークマート・ヨークベニマルの境界線

ヨークマート・ヨークベニマルはイトーヨーカドー

グループ(iYホールディングス系)スーパーです。

 

そのためロゴマークがヨーカドーの色違いである

緑と赤がマート/ベニマルの両者に使用されています。

 

 

ここで皆様から上がる素朴な疑問として

「ロゴが瓜二つのヨークマートとベニマルの差は

なんだろう?」という事が少なからずあるかと

思います。

 

そこでヨークマートとベニマルの住み分けを調べて

みましょう。

■それぞれの特徴を見てみよう


左はヨークマートの出店範囲、右はヨークベニマルの出店範囲(いずれも本社ホームページ、左は一部改変)を

表した図です。

 

これを見ると、ヨークマートは栃木県を除く関東地方、ヨークマートは北関東、東北地方と「地理的な観点」から

住み分けが行われている事がよくわかりますね。

左の図で茨城県に?マークが付いているのは、2000年代に突入してしばらくしてもなおヨークマートが茨城県内に

存在していた事を表しています。つい最近撤退してしまいましたが3店舗を構えていました。


「つい数年前まで茨城県内に出店していた」という事は「ヨークマートとベニマルの地理的境界線」が茨城県内に

あると言う事。ここで新たな疑問が生まれます。

 

「ヨークマートとベニマルの境界線、それはどこに引かれるのだろう?」

■地図を見ながら境界線を探ろう

地図を見ながら解説する事としましょう。

 

ヨークマートは現在茨城県から撤退したものの、

数年前まで新取手・水海道の二店舗が存在してい

ました。ご覧の地図では「オレンジの場所」

あたります。

 

一方、北に強固な地盤を持つベニマルは牛久駅付近に

店舗を構えています。

左の地図では「緑色の場所」に当たります。

※近年牛久駅から徒歩10分圏内に新規開店した店舗があるので南端は下がりました

 

これにより「ヨークマートとベニマルの守備範囲の

境界線」が明確になりましたね。

 

茨城県の牛久沼南端に並行になるように線を引くと

綺麗に分かれます。

これこそがヨークマートとベニマルの決定的な差

なのです。

「ヨークマートとベニマルの差はどこにあるんだろう…?」この疑問には以下のように答えられると言えます。

 

・ロゴの緑と赤の配色が逆転している差異が存在する

・茨城県の牛久沼南端ラインを境に地理的な観点で棲み分けがされている

 

これこそがベストアンサーと言えますね。

 

※2015.6.1 当ブログ掲載「ヨークマート・ベニマル前線はどこに引かれる!?」のリメイク版です。

Side Menu

移転前ブログ:約633000人